国土地理院から「3D測量成果の活用促進」のロードマップが公表され、すぐそこに測量の技術変革の大きな波が来ています。
今回は、皆様にご参加頂き、会場近くの植生密集地を LiDAR搭載のUAV(SKY-Heli)地上レーザースキャナー(SX-10)実測。その解析をセミナーで解説するとともに活用事例もご紹介します。
将来の技術変革の重要な要素となるLiDARシステム、レーザースキャナーなど技術の一端を体験できる今回のフェアは、トリンブルとしても初めての試みです。

NEWS最新情報

トータルステーション、スキャニング、イメージャーをひとつのデバイスに統合。多様化する現場に対し、測距測角から各種イメージングに至るまで豊富な種類のデータで対応可能。…

サーボトータルステーション Trimble S6 VISION を導入されている若林所長(若林測量事務所)が行うワンマン測量を映した作業風景ビデオ。…

Pix4Dmapper Proは、写真の撮影位置を被写体の特徴や色などから自動的に判断します。…

従来のヘリコプターに搭載されているジャイロなどのセンサー類に加えてフライトコンピューターを搭載、機体を完全に自動コントロールしますので、ドローンと同じ操縦性能を持ち、手放しでホバリングをすることもできる。…

CASE STUDY活用事例