今年のトリンブルフェアは、「3Dテクノロジーフェア千葉」として『3Dソリューション体験会』を開催いたします。
国土地理院から「3D測量成果の活用促進」のロードマップが公表され、すぐそこに測量の技術変革の大きな波が来ています。
今回は、皆様にご参加頂き、会場近くの植生密集地を LiDAR搭載のUAV(SKY-Heli)地上レーザースキャナー(SX-10)実測。その解析をセミナーで解説するとともに活用事例もご紹介します。
将来の技術変革の重要な要素となるLiDARシステム、レーザースキャナーなど技術の一端を体験できる今回のフェアは、トリンブルとしても初めての試みです。

NEWS最新情報

トータルステーション、スキャニング、イメージャーをひとつのデバイスに統合。多様化する現場に対し、測距測角から各種イメージングに至るまで豊富な種類のデータで対応可能。…

サーボトータルステーション Trimble S6 VISION を導入されている若林所長(若林測量事務所)が行うワンマン測量を映した作業風景ビデオ。…

「インテリジェント・オートフォーカス」機能を搭載し、3つのモードのオートフォーカスを使用。測量における作業負担を軽減し、大幅な効率化。…

写真の撮影位置を被写体の特徴や色などから自動的に判断。各写真の特徴点を自動で大量抽出するため、非常に高い精度でオルソモザイク、3次元点群データを作成することができる写真測量に最適な写真解析ソフトウエアです。…

CASE STUDY活用事例